iryo_head.jpg

医療福祉の資格 一覧

ますます高齢化が進む日本でさらに需要が増える資格はやはり介護や福祉の資格です。
ホームヘルパー、介護福祉士、ケアマネジャー、福祉住環境コーディネーター、医療事務調剤薬局事務介護事務、サービス介護士、管理栄養士などはどれも重要な資格です。

加えてパソコンのスキルを磨いたり、手話・点字・点訳を学んでおくことも役に立つはずです。

福祉の資格の多くは試験を受けるために実務経験の有無を問われます。

介護福祉士なら実務経験3年以上、
ケアマネジャーなら実務経験5年以上(場合によっては10年)
など。

まず女性にとってよくある人生の節目は結婚・退社・出産・子育て・復職や再就職。

男性ならひとつの仕事を定年まで続けることも少なくありませんが、女性には再就職という関門があることが多いので、再就職に有利な資格を持っておくと安心です。


再就職に有利なおすすめの資格は、
医療事務
歯科助手
調剤薬局事務
介護事務
など。

その理由は全国どこにでも求人があり、結婚してひっこししたとしても資格さえ持っていれば比較的楽に職につけること。
また、基本的に残業もなく、正職員でも働けるが、パートとしても働けるフレキシブルな選択肢があること。
派遣でもよいでしょう。
子育て中でもパートならスムーズに復帰できますし、家事と育児と仕事をうまくこなしながら収入を得ることができます。

また、女性ならではのセンスが光る資格も持っておきたいもの。
たとえば、
インテリアコーディネーターやカラーコーディネート、ポップデザインなど。
女性の几帳面さが活かせるものでは、ファイナンシャルプランナーや行政書士、宅地建物取引主任者、販売士などもおすすめです。
もちろん保育士もニーズは急増中です。

このページの上部へ